夏の夜空に大きなカナブン花火があがり観衆の歓声が聞こえる……

リスナー

LIFEステッカーカナブン花火師と、その息子。尿道型花火という危険な選択肢もある。ミスターカナブンファイヤーワークス。モヤモヤのたけしさん。

#93 2018.07.03

梅雨、真っ只中のこの季節。ジメジメした気候が続いていますが、そんな空気を吹き飛ばすくらい、すっきりした出来事はありますか?

リスナー

ふつおた。平子「番組間違えたのかな?」 酒井「なんだ、このテイストのメール」 平子「東北自動車道だよ?」 酒井「いつも送ってきてくれる」

#91 2018.06.19

僕は、揚げ物の中でカニクリームコロッケが1番好きです。あのクリーミーな感じが最高で。1つあればご飯3膳は軽く食べられます。お二人は、揚げ物なら何が1番好きですか?

リスナー

ふつおた。2通続けてのふつおた。酒井「次のSPWを探るみたいな。今、更地だから」 平子「そうね、砂場で誰がどんな城を建てるのかって探り合いだから」

#91 2018.06.19

後でちゃんと確認してみると、それはカエルであったことが判明。そりゃ何度でも這い上がってくるわけだ。カエルなんだもん。泳げるんだから。ちゃんとそのカエルは隣町の田んぼにかえしてきました。お二人はお風呂に入っていて、カエルが乱入してきたことはありますか?

リスナー

ふつおた。家が田舎のリスナーの探検団。シャンプーをしているときに足元に柔らかな感触があり、見てみると生き物の影が。Gだと思ってシャワーで排水口に流そうとするが、その生き物は何度も這い上がってくるので、風呂から離脱。その顛末。酒井「ねぇよ! ねぇねぇ!」

#91 2018.06.19

歌手の玉置浩二 今日も あくびしながら歌ってる

リスナー

ボイパ平子「あくびじゃねーだろ」 酒井「ああいう歌い方」 平子「ひっどい」

#91 2018.06.19

「ファルコン、あなたはアベンジャーズをやめるべきよ!」「なんで急にそんなことを言うんだ!」「私がアメリカの宝くじパワーボールで6億ドルを当てたからよ」「なんてこったい、それじゃ金にならないアベンジャーズはやらなくていいじゃないか」「ええ、悠々自適に暮らしましょ」「よし、じゃあアベンジャーズ辞めてくるわ。あと、くれぐれも当てたことはキャプテンには内緒にしといてくれよ」

リスナー

ファルコン説得音源を流して嘘であることを証明する。コメント「母親にお願いして締め切りギリギリに録ってもらいました。お互い、終わった後は恥ずかしさでしばらく顔を見れませんでした。もし、ステッカーをいただけるなら、私と母親の分、2枚ほどいただけると嬉しいです」。酒井「嘘ばっか! 一応、ステッカーはプレゼントしておきます」 平子「これはやんなくていいぞ」

#90 2018.06.12

"ブラックサバンナのやつ"

リスナー

土岐さんのアルバムの購入を検討メール。ギャンブルで9万円飲まれたので"ブラックサバンナのやつ"を購入するまでに諸々の身辺整理が必要なリスナー。"ブラックサバンナのやつ"の正式名称は『SAFARI』

#90 2018.06.12

今、母ちゃんにメールで渋谷の2時までやってるTSUTAYAで買ってくるように指示しましたので、明日の朝には部屋の前の扉に置いてあるかと思います。土岐さんの音楽活動を支えられるよう、これからも応援していきます。

リスナー

土岐さんのアルバムの購入を検討メール。土岐「支えてくれなくて大丈夫です」 平子「お盆に乗った朝メシと一緒にアルバムが添えてあって」 酒井「『ガシャ!バタン!』って、ご飯と一緒に」

#90 2018.06.12

カーテンは閉め切り、親のクレカでUber Eatsを利用し、暴飲暴食を繰り返す日々

リスナー

『Black Savanna』の歌詞の解釈。「昼でもまるで 夜の闇 夜でも昼のように目を開け」「いつも感じてる 得体知れない 焦燥」の部分から「僕の部屋を歌った歌」と言うリスナー。ウーバーイーツ。ちょっと違う。

#90 2018.06.12

日本もある種サバンナ。弱肉強食の世界なのだと。

リスナー

『Black Savanna』の歌詞の解釈。「足の遅い私 食べられてしまいそう」の部分から中学生のときに友だちと遊んでいたら、高校生の不良グループに追いかけられ、足の遅い自分だけがつかまってしまったリスナー。そのときに確信したこと。土岐さん的には解釈はそんなに間違ってない模様。

#90 2018.06.12

目は行くけれど、別に食べはしないもの。それは、ビュッフェの春雨サラダ以外ないと思います。みんなアホみたいにラザニアを食うからです。そんな春雨サラダの気持ちを歌った"リズムネタ"『Black Savanna』。土岐さんは春雨サラダの代弁者なのです。

リスナー

『Black Savanna』の歌詞の解釈。「ああ こっちを見つめる 食べられてしまいそう」など何回か食べられてしまいそうなシーンがあるけど最後まで食べられないということから。土岐「なんて言ったらいいか分からないですけれども」

#90 2018.06.12

テレビの前のみんな ケビン・スペイシーの魔力を抑え込むためには みんなの力が必要だ リモコンの dボタンから 参加して 赤色のボタン 連打してね

リスナー

ボイパ土岐麻子さんに読んでもらう。土岐「ほんと帰りたい」 酒井「上手! 2通目から急に上手になりました」 土岐「ほんとですか? 嬉しい」 酒井「じゃ、もう1通」

#90 2018.06.12

骨折してんだぞ キズアワワで どうにかできるわけねーだろ!

リスナー

ボイパ土岐麻子さんに読んでもらう。酒井「ちょっとアレンジ加えたなー。俺よりうまくなってんなー。ちょっと負けたくねーなー」 土岐「師匠、お願いします」 酒井「うん」

#90 2018.06.12

こんばんは。アサコニスタです。アルコ&ピースさん、麻子さんにいったい何をやらせてるのですか。誠意を持って謝罪していただきたいです。

リスナー

ニスタ。土岐「愛されてるね」 酒井「アサコニスタって居るんすか?」 土岐「居ますね」 酒井「今のウソでしょ? これ、喋ってる人、全員嘘つきってことに」 土岐「居ます! アサコニスタは」 酒井「居ないでしょ?」 土岐「次!次!」

#90 2018.06.12

アルマゲドンガチ勢です。この番組でアルマゲドンを批判していたとの情報を得たので、抗議しました。アルマゲドンをバカにしないでください! アルマゲドンにもガチ勢は居るんです!

リスナー

ニスタ。何にでもガチ勢居るし、批判して無くても抗議はくる。酒井「してねーよ!」 平子「ガチ勢だから。すいません」 酒井「すいませんでした。謝っとこ」

#90 2018.06.12

気怠そうなデニス・ロッドマンとシャキール・オニールの群れということでよろしいでしょうか?

リスナー

『Black Savanna』の歌詞の解釈。「頭もたげる クレーンの群れ」の部分から。酒井「NBA最高の時代じゃん。最高のツーメンが」 平子「これはヤバいよ」 酒井「その時のレイカーズとブルズなんかとんでもないんだから」

#90 2018.06.12

土岐麻子さんは、ずっとぼくのことを見ていてくれたんですね。でも、ぼくもそうです。ぼくも見ていました。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのですから。土岐さん、髪の分け目、変えた?

リスナー

『Black Savanna』の歌詞の解釈。クラスの誰もやってない『どうぶつの森』に課金しまくってしまった眼の前が真っ暗になった自身のことだと主張するリスナー。酒井「こえーヤツいんじゃんか!」 土岐「怖い」

#90 2018.06.12

使われなくなった戦艦の上で音楽を楽しむ「バトルシップ・ミュージック・フェスティバル」、今年はアメリカの戦艦、「ジミー・ドン号」で開催

リスナー

ゴシップ平子「めちゃくちゃアメリカン!」 酒井「日本のエンターテイメント業界は見習うべき!」 平子「1回行って、見てくるべき!」 酒井「行っても見れ……」

#89 2018.06.05

先輩はファルコンよろしく、このように僕に命じました。「店長には内緒にしてくれ」

リスナー

ファルコンメール。コーヒーメーカーを壊したバイト先の先輩が"リアルファルコン"。平子「いらっしゃったねー、本物のファルコン。飛べないファルコン」 酒井「ちょっとイジりすぎてます、こいつ。ファルコンはもっとかっこよく言うから」

#89 2018.06.05

[ラジコならタイムフリーで1週間聴けます(一部地域を除く)]


radiko(ラジコ)

[ランダム発言タグ40人]

村本大輔平子長男板川侑右酒井健太福田卓也春日俊彰澤部佑府野マネージャーくっきー真由美さんのお父さん岩井勇気ラジオネーム宮下兼史鷹高山カズタカDJ松永ひろせひろせ小沢一敬スタッフ印刷物・テロップ坂井良多大東駿介田島直弥高畑充希金ちゃん(鬼越トマホーク)阿諏訪泰義落合隆治天海祐希平子祐希相田周二松尾駿水川かたまり小宮浩信塚本直毅大山英雄石井玄パーマ大佐河合郁人酒井母酒井姉加地倫三